サラリーマンのふるさと納税制度

サラリーマンの方の中には節税対策を行うことは面倒くさいと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

サラリーマンの場合年収が2,000万円を超えない場合、もしくは会社以外からの副収入の合計が年間20万円を超えるなどの特定の要項に当てはまらない場合原則として確定申告を行う必要はありません。サラリーマンの方の税金は源泉徴収として毎月仮払いを行い、雇用主である会社で一括して年末調整を行い調整することが一般的です。確定申告を行わないサラリーマンの方にとって節税対策を行うことは手間がかかるのではないか、難しいのではないかと思っている方も少なくありません。サラリーマンにお勧めの節税方法があります。それはふるさと納税制度です。

ふるさと納税制度は自分の選択した都道府県に寄付を行うことで、翌年の確定申告から「所得税」と「住民税」から控除される制度となります。制度を利用される際のポイントとしてはふるさと納税の税額控除は、その年の所得税と翌年度の住民税のそれぞれ控除されることです。場合により確定申告が必要な場合もありますが、比較的簡単な手続きのみでふるさと納税の恩恵を受けることが可能ですので是非挑戦してみることをお勧めいたします。

サラリーマンの方がふるさと納税を行う場合

ふるさと納税納税を行った場合、寄付した金額から2,000円を引いた金額の税金から差し引かれる仕組みとなります。つまり実質負担金2,000円のみで様々な自治体が提供しているお礼品を受け取ることが可能です。

ただしふるさと納税による税額の控除を受けるためには申請が必要となります。サラリーマンの方にとって確定申告等を行うことは面倒くさいと感じる方も多く、ある調査ではふるさと納税を行った方で、実際に確定申告まで完了された方は全体の3割程度であるといる結果もあると言われています。しかし手順を知っていただくとふるさと納税のみの確定申告は簡単に行うことが可能です。ぜひ手順を知って確定申告まで完了していきましょう。

ふるさと納税のための確定申告の手順についてご紹介していきます。

1.必要な書類を集めよう。

まずは、確定申告に必要な書類を集めていきましょう。ふるさと納税のための税額控除を受けるために必要な書類は下記となります。

  • 源泉徴収票
  • 寄附金受領証明書
  • 還付金受取のための銀行口座の通帳
  • 印鑑
  • マイナンバー確認の書類
  • 本人確認の書類原本またはコピー

手続きのための書類をご覧いただくと必要な書類が少ないことに驚くかもしれません。ふるさと納税のみの控除を希望する場合はこの書類だけで申告を完了することができるのです。注意点としてはふるさと納税のための申告には必ず各自治体の発行する寄附金受領証明書が必要なことです。寄附金受領証明書はふるさと納税のお礼品とは別にふるさと納税の申し込みから1~2か月程度で送付されてくる点です。お礼品と別送となるためなくしてしまう方もいらっしゃいますが、大切な書類ですので必ず大切に保存しておくようにしましょう。

2.申告書を作っていこう。

次に確定申告に必要な申告書を手に入れます。確定申告のための申告書は税務署の窓口だけでなく。国税庁のホームページからもダウンロードすることが可能です。ホームページの手順に従っていくことで申告書類ができますのでこちらではホームページでの申告書の作成方法についてご案内いたします。

申告に必要な書類は申請する税金によって異なります。ふるさと納税による還付を行う場合には「所得税」を選択してください。

申告を行う税金の種類を選んだら、次に申告を行う申請者の所得の書類を選ぶ必要があります。サラリーマンの方は「給与・年金の方」という項目を選んでください。

これでいよいよ申告書の作成を開始することが可能です。

3.申告書をどこで提出するか、生年月日を入力し、次に勤務先からもらった源泉徴収票を見ながら支払金額、所得控除の額の合計額、源泉徴収税額を入力します。

その後にいよいよ所得控除内容の入力を行います。

ふるさと納税による所得控除は寄付金控除となります。寄付金控除を選択し、自治体ごとにふるさと納税を行った内容を1件ずつ入力していきます。

すべてのふるさと納税の入力が完了したら申請書類の作成は完了します。

4.申請書類が作成出来たら税務署への提出を行います。提出は郵送もしくは税務署に直接持参することが可能です。確定申告から1~2ヶ月後程度で、所得税からの税額還付と翌年6月からの住民税で、控除額が引かれた金額の住民税額が記載された住民税決定通知書が到着します。

以上でふるさと納税のための確定申告は完了です。想像されていた手順と比較すると簡単な手続きで控除の申請ができることがわかるのではないでしょうか。ふるさと納税以外にもサラリーマンの方でも扶養控除や医療費控除、保険料の控除などをうけることが可能です。申請を行わないことには控除を受けることはできませんので、控除申請可能な項目があればふるさと納税の申請と一緒に申告してみるとよいでしょう。

確定申告のいらないふるさと納税の新制度

サラリーマンの方にとって確定申告を行うこと自体に抵抗があるという方もいらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に嬉しいふるさと納税の新税度が平成27年4月からスタートしました。ふるさと納税の新制度はワンストップ特例制度といい1年間で5自治体までの寄付に限り、確定申告を行うことなく、税額控除を受けることが可能です。

ふるさと納税を行ったら、手順に従い、各自治体に寄附金税額控除に係る申告特例申請書を

郵送していきます。ワンストップ特例制度では6自治体以上の寄付には対応していない他、確定申告の併用はできません。注意点をよく守って賢く制度を利用していくようにしましょう。

サラリーマンの方にとって、勤務先が一括して税金の納付を行ってくれるために自分の税金がどのように使われているのか実感しづらいところも多いかもしれません。ふるさと納税では寄付する自治体、また税金の使い道を指定することも可能です。ふるさと納税制度は、自分の税金がどのように使われているか興味をもつきっかけとしても最適な制度といえるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. ふるさと納税と日本酒

    寒い日が続く冬の夜は、おでんや鍋など温かい料理が食べたくなりますよね。そんなときに食べる温かい和食と…
  2. ふるさと納税で美味しいもの

    美味しいものは食べると幸せな気分にさせてくれますよね。ちょっと疲れているときや気分が落ち込んでいると…
  3. ふるさと納税で備える防災グッズ

    自分の好きな地域に寄付をすることができるふるさと納税。その使い道もふるさと納税では指定するこ…
  4. ふるさと納税の制度改正について

    ふるさと納税は2008年に個人住民税の寄付金制度としてスタートしました。ふるさと納税は、地方で産まれ…
  5. ふるさと納税で宿泊券を

    以前、ふるさと納税の返礼品の中で、特に還元率が高いものをご紹介しました(『ふるさと納税と還元率』より…
  6. ワイン

    ふるさと納税でワインがもらえる?

    皆さんは、ワインと聞いてどこの国を思い浮かべますか。ワインといえば、ボジョレー・ヌーボーのフランスや…
  7. ふるさと納税で伝統文化を守る

    ふるさと納税は2008年にはじまった制度で、年々ふるさと納税の種類が増えているとも言われています。数…
  8. ふるさと納税で災害支援

    ふるさと納税で災害支援ができることをみなさんはご存知だったでしょうか。 ふるさと納税は、現在住んで…
  9. ふるさと納税のメリット

    最近ではTVや雑誌をはじめとしたさまざまのメディアでふるさと納税について特集され ることも多く…
  10. ふるさと納税でワンストップ特例制度

    「ワンステップ特例制度」というものを皆さんご存知でしょうか。 ふるさと納税は年…

おすすめ記事

  1. ふるさと納税には興味があるけど、「いつ申し込みをすればいいのか」「控除はいつ適応されるのかがわからな…
  2. ここ数年、ふるさと納税がテレビや雑誌などのメディアで良く紹介されるようになってきました。ふるさと納税…
  3. 自転車が発明されたのは、諸説ありますが1813年にドイツのカール・フォン・ドライ…
  4. ふるさと納税といえば、所得税と住民税が関係性が深く、ふるさと納税の制度を説明する際に良く登場してくる…
  5. ふるさと納税を皆さん利用したことはありますか。ここ最近で認知度も上がり、各自治体も積極的にPR活動を…
  6. ふるさと納税で寄附をする上で多くの人が気になることは「どうしたら得をするか」といったことだと思います…
  7. ふるさと納税は自分の好きな都道府県、市町村を選びそこに寄付などを行うことですが、その寄付のお…
  8. 「ふるさと納税になんとなくメリットがあることはわかるけれど、手続きがめんどうで良くわからない」などの…
  9. 総務省
    ふるさと納税を管轄しているのは総務省の自治税務局です。ふるさと納税についてこれまでさまざまな視点から…
  10. ふるさと納税は2008年にはじまった制度で、年々ふるさと納税の種類が増えているとも言われています。数…
ページ上部へ戻る