ふるさと納税で牡蠣を楽しもう

牡蠣

牡蠣ふるさと納税の返礼品にはジャンルが様々あり、その種類も豊富で意外な返礼品があることを何度もこちらでご紹介させていただきました。特に食品は地域の特産品をお得に手に入れるチャンスとなっており、人気が高いです。海鮮物はお肉や野菜、お米などの食品カテゴリーの中で他の返礼品と比べて種類が1番多いといわれています。

ふるさと納税のお礼品でもらえる海鮮ものは、お魚・カニなどが多いですが、今回は「牡蠣」にスポットを当てたいと思います。

 

 

 

牡蠣は生産世界第二位!

牡蠣とカン日本人は牡蠣が大好きです。その理由として日本の牡蠣水揚げ量は世界第3位となり、国別消費量でも常に上位にきています。牡蠣の水揚げ、養殖量を県別で見るとやはり牡蠣有名な広島県が1位となっており、次いで香川県と鳥取県となっています。

ちなみに牡蠣の水揚げ、養殖量が日本一広島県の人は一年間に33個も牡蠣を食べているというデーターもあるようです。水揚げされる量が多いこともあって牡蠣を美味しく食べられるお店が広島県には多いのかもしれませんね。

 

 

牡蠣の食べ方は色々!

焼き牡蠣最近は生の牡蠣を食べることができるオイスターバーなどのお店が多くありますが、昔の日本では食中毒予防として生で牡蠣を食べられるお店は少なく、牡蠣鍋や焼き牡蠣、牡蠣フライなど牡蠣に火を通して調理して提供している飲食店が多かったです。

 

しかし、ヨーロッパやアメリカでは牡蠣をお店で提供する場合や、家庭で食べる場合は生で提供されたり食卓に上がることが多く、基本的に生で牡蠣は食べられています。魚介類を生で食べる文化があまりないアメリカでも牡蠣だけは生で食べられていることはびっくりですね。日本でも最近見かけるオイスターバーの発祥の地は、ニューヨークだと言われています。その歴史はなんと100年以上だそうです。ちなみに、日本でオイスターバーのカテゴリーが確立したのは、今から20年前だと言われております。

日本料理の牡蠣家庭などで牡蠣を食べるときの調理方法として牡蠣フライ・牡蠣鍋を作る方が多いかと思います。もし家庭で牡蠣を使った料理を作る機会があったらぜひチャレンジしてもらいたいのは、牡蠣グラタンです。牡蠣グラタンを作る場合は、殻に入っている牡蠣の身の上にホワイトソースやチーズをかけてそのままオーブンに入れて焼くすごく簡単な方法もあります。殻から牡蠣の身をとりだす面倒もなく、殻のままで調理することができるので簡単に美味しく食べることができます。

牡蠣のグラタンは、海のミルクとも呼ばれている牡蠣のさっぱりしているけどクリーミーな味わいと濃厚なチーズのクリーミーな食感が相性が非常によく癖になる人も多いそうです。また牡蠣はさっぱりしていてクリーミーな味わいがありますが、味に強いクセがあまりないといわれています。そのため、牡蠣は様々な食材との相性がいいので、きのこなどの野菜やにんにくなどと炒めて、醤油で味付けをするとご飯に合うおかずとして牡蠣をまた違う形で楽しむことができます。

 

ふるさと納税で新鮮な牡蠣がもらえる!

売られてる牡蠣もちろん、ふるさと納税の返礼品の中にも牡蠣はあります。先ほど牡蠣の水揚げ量でご紹介した広島県、佐賀県、宮城県、長崎県などの県が牡蠣を特産品としてふるさと納税の寄付の返礼品で提供しています。牡蠣の量に応じてですが、ふるさと納税の寄附額として5,000~20,000円が相場のようです。また牡蠣の種類も既に向いてある牡蠣の身だけのものから、殻つきのもの、ホタテや他の食材と一緒になっているセットなどがあり、自分のニーズに合った牡蠣の返礼品を選ぶことができます。

 

 

まとめ

牡蠣はお取り寄せ食材として人気があり、インターネットなどで地方から取り寄せる方も多いようです。世界の中でも美味しいと人気が高い日本の海で水揚げされた牡蠣をふるさと納税でお得に手に入れるのはいかがでしょうか。

ふるさとプレミアムなどのウェブサイトで検索しますと、貰うことができる牡蠣の種類や金額などの比較ができて簡単に選ぶことができます。ぜひご活用下さい。最後に牡蠣は保存が難しいと言われており、生ものとなりますのでいたみやすい食材です。ふるさと納税の返礼品としてもらう場合はご注意下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. ふるさと納税で自転車がもらえる

    自転車が発明されたのは、諸説ありますが1813年にドイツのカール・フォン・ドライ…
  2. ふるさと納税で地ビールを楽しもう

    居酒屋などで会社や友人たちと集まってお酒を飲むときや、仕事か…
  3. ふるさと納税でりんごをもらおう

    ふるさと納税の返礼品でお米とお肉と並んで、人気が高い特産品といえば「果物」です。その中で、今回は「り…
  4. ふるさと納税でワンストップ特例制度

    「ワンステップ特例制度」というものを皆さんご存知でしょうか。 ふるさと納税は年…
  5. ふるさと納税で家電を手に入れる

    ふるさと納税制度ができた当初については、食品などの返礼品が多かったように思えますが、最近では家電につ…
  6. ふるさと納税が人気の理由

    ふるさと納税が注目されるようになって、人気が出てきたのはここ数年と言われています。総務省のポータルサ…
  7. ふるさと納税で住民税を減らせる

    ふるさと納税と住民税の関係性を理解するには、まず「ふるさと納税」がどのような制度なのかを知る必要があ…
  8. 牡蠣

    ふるさと納税で牡蠣を楽しもう

    ふるさと納税の返礼品にはジャンルが様々あり、その種類も豊富で意外な返礼品があることを何度もこちらでご…
  9. ふるさと納税と日本酒

    寒い日が続く冬の夜は、おでんや鍋など温かい料理が食べたくなりますよね。そんなときに食べる温かい和食と…
  10. ふるさと納税による地域貢献

    ふるさと納税は自らの意思で地域貢献しようという思いで作られた制度になります。 納税という言…

おすすめ記事

  1. 情報
    せっかくふるさと納税で寄付をするのであれば、少しでも「お得」にしたいですよね。実際に、ふるさと納税を…
  2. ふるさと納税を皆さん利用したことはありますか。ここ最近で認知度も上がり、各自治体も積極的にPR活動を…
  3. 最近パソコンの調子が悪い、最新型のパソコンが欲しいと考えている方に朗報です。ふるさと納税を利用するこ…
  4. ふるさと納税で寄附したお金が所得税の還付や住民税の控除で戻ってくることはこれまで何度かご説明してきま…
  5. ふるさと納税は2008年にはじまった制度で、年々ふるさと納税の種類が増えているとも言われています。数…
  6. ふるさと納税では1つの自治体だけでなく、複数の自治体を選択できることをご存じだったでしょうか? ふる…
  7. みなさまもご承知の通り、住民税は自分の住民票が起これている市や区に収めます。多くの方は、自分の実家で…
  8. 自転車が発明されたのは、諸説ありますが1813年にドイツのカール・フォン・ドライ…
  9. 果物は、お米、野菜、お肉と並んでふるさと納税の返礼品で人気があります。果物は洋菓子や和菓子などのよう…
  10. スマホの普及でスマホを時計代わりに使用する人が増え、腕時計の使用頻度が減ってきていると言われています…
ページ上部へ戻る