年収

デスクふるさと納税制度を利用する上で、所得税や住民税の控徐を受けるなかで大事になってくるのは個人の年収です。控除上限額は一年間の収入、すなわち年収を元に算出されます。年収いくら以上であればふるさと納税制度はお得なのか、いくらまで寄附してもいいのか。ふるさと納税を始めようと考えていてこのような疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで今回はふるさと納税と年収の関係についての疑問に回答したいと思います。尚、年収が2000万円以上の方は確定申告が必要になりますので、今回お話することに該当しない項目があります。またこちらで紹介しておりますのはあくまでも目安となりますので、正式な寄附上限額を知りたい方は必ず税理士に相談して下さい。

 

控除上限額とは

電卓ふるさと納税と年収の関係でもっとも関わりがあるのは、控除上限額です。ふるさと納税は非常にシンプルは制度で、年収が高ければ控除上限額が高くなり、年収が低いと控除上限額も低くなります。年収に比例することになるので、年収が高ければ高いほど、多く寄附することができ、その分住民税控除を受けることができます。また2015年に制度の改定があり、控除上限額が今までの2倍に上がりました。これにより、年収がそこまで高くない為、ふるさと納税の控徐の恩恵をあまり受けることができなかった方もふるさと納税の制度を利用するメリットが大きくなりました。

控除限度額の算出には、ぜひふるさとプレミアムを利用してみて下さい。ふるさと納税の控徐制度についての概念を理解して、自分で計算することもできます。しかし、ふるさとプレミアムサイトにある「カンタン限度額算出」を利用すると、とても簡単に算出することができますので、試してみることをお勧めいたします。計算をする前に、特殊なケースに該当しないかのチェックシートもあり、計算ミスを防ぐことができます。

 

年収いくら以上からお得?

金額ふるさと納税は高額所得者のための制度と思われている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。ふるさと納税は住民税の納付額を減らせる制度の一面もあります。つまり、少なからず住民税の支払いが発生する以上、ふるさと納税制度の恩恵を受けることができます。実際に控除される金額は少ないかもしれません。しかし、忘れてはいけないのが、返礼品です。少ない寄附でもその寄付額に合う返礼品を受けとることができます。

例えば年収150万円以上でも1万円程度の控除を受けることができます。(社会保障料率を15%で計算した場合)住民税の支払いが1万円減るだけではなく、1万分の返礼品をもらうことができます。ふるさと納税で受け取れる返礼品は種類が増えており、1万で選べる特産品もたくさんあります。ふるさとプレミアムで控除上限額を求めた後、ぜひそのままその額で受け取れる返礼品を検索してみて下さい。きっと気になるものが見つかるはずです。

 

まとめ

仕事いかがだったでしょうか。ふるさと納税は、一般の人でも簡単に利用できる制度です。年収の高い低いに関係なく、恩恵を受けられます。

ふるさと納税は仕組みを知らないとちょっと難しそうと思ってしまいますが、仕組みをしると素晴らしい特産品がもらえ所得税や住民税などの控徐をうけることができます。ふるさと納税でどのようなものがあるのか1度是非ふるさとプレミアムを除いてみて下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. ステーキ

    ふるさと納税でステーキがおすすめのわけ

    皆さんは、誕生日などのお祝いごとや自分へのご褒美として何か食べることがあったときに、何を食べることが…
  2. ふるさと納税 手続き

    「ふるさと納税になんとなくメリットがあることはわかるけれど、手続きがめんどうで良くわからない」などの…
  3. ふるさと納税の高額お礼品

    ふるさと納税は県や府などに寄付をすることで、そのお礼としてその地域を象徴するような特産品などのお礼品…
  4. ふるさと納税で時計をget!

    スマホの普及でスマホを時計代わりに使用する人が増え、腕時計の使用頻度が減ってきていると言われています…
  5. ふるさと納税と年末調整

    ふるさと納税を行う際にはどのように払ったお金が戻ってくるのかを必ず確認する必要があります。せっかくふ…
  6. ふるさと納税でりんごをもらおう

    ふるさと納税の返礼品でお米とお肉と並んで、人気が高い特産品といえば「果物」です。その中で、今回は「り…
  7. ふるさと納税とNPO

    ふるさと納税は市町村の役所以外にもNPO法人が募集している項目があることをご存知だったでしょうか。N…
  8. ふるさと納税を5,000円から

    ふるさと納税を皆さん利用したことはありますか。ここ最近で認知度も上がり、各自治体も積極的にPR活動を…
  9. 総務省

    ふるさと納税と総務省の関係

    ふるさと納税を管轄しているのは総務省の自治税務局です。ふるさと納税についてこれまでさまざまな視点から…
  10. ふるさと納税をお歳暮に

    今までお世話になった人に対して感謝の気持ちとして贈るお歳暮ですが、ふるさと納税を利用してお歳…

おすすめ記事

  1. 豚肉
    豚肉は、価格が安定していて美味しく定食屋さんの定番メニューとして、普段の食卓にたびたび登場するお肉…
  2. ふるさと納税を行う上で、一番大事と言っても過言ではないのは「控除限度額」です。控除限度額を把握してお…
  3. ふるさと納税は自分の好きな都道府県、市町村を選びそこに寄付などを行うことですが、その寄付のお…
  4. ふるさと納税といえば、所得税と住民税が関係性が深く、ふるさと納税の制度を説明する際に良く登場してくる…
  5. ふるさと納税は好きな地域(都道府県・市区町村)への自治体へ寄付をすることで、税金が控除されたり、寄付…
  6. テレビは家電を代表し、昔から家族の団欒で欠かせないアイテムです。 数年前に比べても大型なものや4K…
  7. ふるさと納税という言葉は聞いたことはあるけどまだ実際にふるさと納税制度を利用したことがないという方の…
  8. うなぎと言えば、「土用丑の日」が思い浮かびますね。暑い時期に夏バテせずに乗り切るために、うなぎを食べ…
  9. 旅行で海鮮が有名な地方に遊びにいったときに、「地元の海鮮市場で朝食を食べたい」「新鮮な魚介類を心ゆく…
  10. ふるさと納税をやりたいけど、どれだけしていいかわからないかもしれません。いくらまで住民税の控除を受け…
ページ上部へ戻る