所得税とは?控除額って何?

税金

日本では、国に占める税収の割合を所得税が多く占めております。
毎月の給与から税金を支払うことになりますので、ライフスタイルにも大きく関りを持っております。今回はこの所得税とは何なのか、そして様々な視点から解説していきます。

所得税とは

税金所得税とは、個人が所得を得たときに課される税金のことです。その年の1月1日~12月31日までの1年間に生じた所得の金額について計算がされております。

節税所得税の控除とは

お金をもらう限り所得税は必ず発生いたします。所得税の特長としては、誰でも同じ税率がかかるわけではなく、年収が多い人ほどかかってくる所得税の税率は高くなります。
そしてこの所得税には控除があり、代表的なものとしては配偶者控除や扶養控除が挙げられます。

配偶者がいる場合ですが、まず控除される対象として合計所得金額が38万円以下の配偶者というのが対象になります。自分の奥様がこちらに当てはまるのであれば、所得控除を受けることができます。他にも様々な控除がありますので、知っておくとかなり便利です。ただ単に所得税を支払というのではなく、どのような条件だとお得になるのかをしっかり確認しておきましょう。

ふるさと納税を活用する

上記にて所得税について簡単に説明させていただきましたが、所得税を控除する方法としてふるさと納税という制度があります。

・ふるさと納税とは・・・・・
ふるさと納税とは過去に住んでいたまち、思い入れのあるまち、興味があるまち、理由はいろいろありますが日本全国どこに住んでいても関係なく寄附ができる制度です。
寄附したお金の使い道というのも指定することができ、例えば子供たちのために図書館や学校の施設を充実させるため、子育て支援のため、貴重な文化遺産を残すためなど、そのまちの発展に関わることができます。
そして最大のメリットとして、ふるさと納税を利用し寄付をした自治体から御礼品を受け取ることができます。(自治体によって変わりますので、詳しくは各自治体ホームページをご確認ください)

ふるさと納税は「納税」という言葉が付いておりますが、法律的には寄附金として取り扱われます。そして税制の優遇処置としてこの寄附金が所得税と住民税の控除対象になっています。(2,000円以上の寄附)
例えば10,000円寄付をすることで、8,000円が控除額となり実質2,000円が負担額となりますのでお得に活用することが可能です。

ふるさと納税を活用したら確定申告!

手続きふるさと納税を活用することで、所得税・住民税で控除を受けることができてお得になることは説明いたしましたが、実際には確定申告をしなければいけません。
その方法は2種類あり、ふるさと納税を利用したその年の2~3月の間に確定申告をする方法と、「ワンストップ特例制度」を利用する、この2種類の方法があります。

後者のワンストップ特例制度は、2015年4月にできた新しい制度で、いくつかの条件を満たしている人であれば利用でき、この制度を利用することで確定申告は不要になります。この制度が使えない条件としては、6つ以上の自治体に既に寄付をしている方、住宅ローンの控除を受けて1年目の方、自営業、収入が多い方などが挙げられます。
ワンストップ特例制度を利用する場合は、全額「住民税控除」という形で控除され、所得税還付金は含まれませんので、注意が必要です。

また平成28年1月1日以降に寄附した分からは、確定申告の申請時にマイナンバーの記載が必要となっております。

確定申告またはワンストップ特例制度を利用しなければ、ふるさと納税で寄付した金額すべてが負担額となってしまいますので、是非ともこちらはチェックしてください。

まとめ

所得税は個人が所得を得たときに発生するものですので、働いていれば必ず納めなければいけない税金です。今回控除ということで、ご紹介させていただいたふるさと納税は、寄附をした金額のうち2,000円(※)を超える金額が、住民税と所得税に分けて、税金から控除されます。寄附をした方の年収や扶養家族のありなし、その他の控除額等によって、税金の控除額は変動いたしますが、その仕組みは非常にお得といえます。
なぜふるさと納税が人気なのかは、住民税と所得税に分けて、税金が控除されるだけではなく、お得な特典があるというのが大きなポイントです。

前項でも少しご紹介しておりますが、寄附をした使い道を自分で選ぶことができること、自治体によっては寄附のお礼として各自治体の特産品などから御礼品を受け取ることができることなどその特典は豊富です。
その他、自然災害によって復興活動を行っている自治体への災害支援としても活用することができ、その役割は大きくなっております。

目的は様々ありますが、知らなかったという方は是非こちらのページをご参照いただき、是非ともご参考にしてください。ふるさと納税の活用は、寄附をすることで生活をお得に、さらに特典も多いですのでおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 鹿児島のふるさと納税

    ふるさと納税でどの地域に寄附しようか迷われている方、鹿児島県を候補地の一つに入れてみてはいかがでしょ…
  2. ふるさと納税をお歳暮に

    今までお世話になった人に対して感謝の気持ちとして贈るお歳暮ですが、ふるさと納税を利用してお歳…
  3. ふるさと納税で旅にでよう

    ふるさと納税でもらえるお礼品には旅に使うことができる交通チケットや宿泊券やイベント体験チケットがある…
  4. 所得と控除

    ふるさと納税の所得の控除について

    ふるさと納税がここ数年注目をされるようになったのは、大きく二つの理由があるからだと言えます。一つ目は…
  5. ふるさと納税とNPO

    ふるさと納税は市町村の役所以外にもNPO法人が募集している項目があることをご存知だったでしょうか。N…
  6. ふるさと納税で名前を残そう

    ふるさと納税は、都道府県、市町村の自治体の中から好きな地域を選択して、寄付を行いお礼品がもらえたり、…
  7. ふるさと納税でうなぎを楽しむ

    うなぎと言えば、「土用丑の日」が思い浮かびますね。暑い時期に夏バテせずに乗り切るために、うなぎを食べ…
  8. 牡蠣

    ふるさと納税で牡蠣を楽しもう

    ふるさと納税の返礼品にはジャンルが様々あり、その種類も豊富で意外な返礼品があることを何度もこちらでご…
  9. ふるさと納税で受け取れるお礼品とは

    ふるさと納税は好きな地域(都道府県・市区町村)への自治体へ寄付をすることで、税金が控除されたり、寄付…
  10. 情報

    ふるさと納税、お得情報

    せっかくふるさと納税で寄付をするのであれば、少しでも「お得」にしたいですよね。実際に、ふるさと納税を…

おすすめ記事

  1. ふるさと納税の制度を利用した「ガバメントクラウドファンディング」をみなさんはご存知ですか。最近ふるさ…
  2. ふるさと納税を行う上で、一番大事と言っても過言ではないのは「控除限度額」です。控除限度額を把握してお…
  3. ふるさと納税の返礼品を選ぶ際、皆さんはどのような観点で選びますか。食べ物であれば、日常的に使うお米や…
  4. ふるさと納税に限らず、何か買い物をする際に事前に計画を立てることは非常に重要です。自宅や車のローンな…
  5. 情報
    せっかくふるさと納税で寄付をするのであれば、少しでも「お得」にしたいですよね。実際に、ふるさと納税を…
  6. ふるさと納税は任意で自治体に寄付をする制度になります。また自治体に寄付をすることでポイントをうけるこ…
  7. 豚肉
    豚肉は、価格が安定していて美味しく定食屋さんの定番メニューとして、普段の食卓にたびたび登場するお肉…
  8. ふるさと納税は2008年にはじまった制度で、年々ふるさと納税の種類が増えているとも言われています。数…
  9. ふるさと納税では寄付をすることで多種多様な謝礼を受け取ることができます。全ての自治体で対応しているわ…
  10. コスパとは、コストパフォーマンスの略で払った代金に対してどのくらい価値があるか、どのくらい効果などを…
ページ上部へ戻る