ワンストップ特例の申請書について

ふだん確定申告を行ってしていない方はふるさと納税のためにわざわざ申請を行うのは手間のかかる作業であると思います。そんな方にとって便利なのがワンストップ特例制度です。ワンストップ特例制度が始まってから初めてふるさと納税を行ったという方も少なくないかもしれません。

こちらでは、ワンストップ特例制度を実際に行われる方に必要な情報をお伝えさせていただきます。申請書類や気になる疑問について様々回答致します。

 

ワンストップ特例を受けるために必要な申請書について

ワンストップ特例制度は、制度を移用することで確定申告を行うことなく住民税からふるさと納税控除を受けることができる制度です。ワンストップ特例では、各自治体にて用意されたワンストップ特例申請書とマイナンバー提供に必要な本人確認のための確認書類を提出するだけで税額控除を受けることが可能です。確定申告と比較すると申請書も少なく、圧倒的に簡単な手続きのみで税額控除の申請が可能です。確定申告を行っていない方、多くの自治体へのふるさと納税を考えていないという方はワンストップ特例を活用することをお勧めいたします。

ワンストップ特例申請書について

ワンストップ特例はとても便利な制度ではありますが、申請期限が年度内(平成27年4月以降)にふるさと納税をした場合、翌年(平成28年)の1月10日までと確定申告を行う場合と比較すると短くなっていますので、申請を忘れないよう気を付ける必要があります。

ワンストップ特例ではふるさと納税を行った際に申し出ることで制度に必要なワンストップ特例申請書を受け取ることになります。ワンストップ特例申請書は寄付の証明書とともにお礼品とは別送にて申請を行った寄付者の住所に郵送されます。制度の申請に必要なワンストップ特例申請書は自治体により異なりますが、ふるさと納税を行った日から2か月程度以降に郵送されることが多い傾向がございます。期限内に申請を行いたいのに、ワンストップ特例申請書が届かないと焦らないためにあらかじめ余裕をもって寄付を行うことが大切です。自治体ごとに申し込み後どのくらいでワンストップ特例申請書や寄付の証明書が届くのか自治体のホームページやふるさと納税の紹介サイト等に記載されていますので、あらかじめ確認を行うとよいでしょうか。

ワンストップ特例申請書が届かない!

ワンストップ特例申請書が届かない、ワンストップ特例申請書をなくしてしまったという場合には自治体に申請を行うことで再発行を行ってもらえる場合があります。申請を行わないことには税額の還元を受けることはできませんので必ず申請を行うようにしましょう。

ふるさと納税を行った後に引っ越しを行ったという方も注意が必要です。お礼品をもらい終えた場合でも、住所変更を行った旨を申請することを忘れないで下さい。

また期限内に申請が間に合わないという場合には総務省のホームページからダウンロードして記入を行うことも可能です。下記に申請書類のURLを記載いたしますので、間に合わない場合は下記の書類を活用するとよいでしょうか。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000351462.pdf

自治体によってワンストップ特例申請書をホームページにアップしている場合もありますので、そのような場合は自治体の指定するワンストップ特例申請書を利用いただいても全く問題はありません。

 

ワンストップ特例は会社員で、年度内で寄付を行っている自治体数が 5つ以下の方にとってとても便利な制度です。利用しやすい制度となりますので、ふるさと納税を活用するために、ワンストップ特例申請書を間違いなく手配して適切な申請を行うよう心がけていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. ふるさと納税の商品券について

    ふるさと納税の返礼品を選ぶ際、皆さんはどのような観点で選びますか。食べ物であれば、日常的に使うお米や…
  2. ふるさと納税で受け取れるお礼品とは

    ふるさと納税は好きな地域(都道府県・市区町村)への自治体へ寄付をすることで、税金が控除されたり、寄付…
  3. ふるさと納税で伝統文化を守る

    ふるさと納税は2008年にはじまった制度で、年々ふるさと納税の種類が増えているとも言われています。数…
  4. ふるさと納税とお肉

    ふるさと納税の中でも人気があるお肉。各地方自治体が送付している返礼品ランキングの中でも「地元の畜産品…
  5. ふるさと納税 期間

    ふるさと納税には興味があるけど、「いつ申し込みをすればいいのか」「控除はいつ適応されるのかがわからな…
  6. ふるさと納税の制度改正について

    ふるさと納税は2008年に個人住民税の寄付金制度としてスタートしました。ふるさと納税は、地方で産まれ…
  7. ふるさと納税を利用した控除について

    ふるさと納税の一番の魅力は、「地方自治体の返礼品をもらえること」、そして「納税額を減らせること」です…
  8. 鹿児島のふるさと納税

    ふるさと納税でどの地域に寄附しようか迷われている方、鹿児島県を候補地の一つに入れてみてはいかがでしょ…
  9. ふるさと納税の珍しいお礼品

    ふるさと納税は自分の好きな都道府県、市町村を選びそこに寄付などを行うことですが、その寄付のお…
  10. 総務省

    ふるさと納税と総務省の関係

    ふるさと納税を管轄しているのは総務省の自治税務局です。ふるさと納税についてこれまでさまざまな視点から…

おすすめ記事

  1. 美味しいものは食べると幸せな気分にさせてくれますよね。ちょっと疲れているときや気分が落ち込んでいると…
  2. ふるさと納税は県や府などに寄付をすることで、そのお礼としてその地域を象徴するような特産品などのお礼品…
  3. ふるさと納税は2008年に個人住民税の寄付金制度としてスタートしました。ふるさと納税は、地方で産まれ…
  4. ふるさと納税といえば、所得税と住民税が関係性が深く、ふるさと納税の制度を説明する際に良く登場してくる…
  5. ふるさと納税で寄附したお金が所得税の還付や住民税の控除で戻ってくることはこれまで何度かご説明してきま…
  6. ふるさと納税は、都道府県、市町村の自治体の中から好きな地域を選択して、寄付を行いお礼品がもらえたり、…
  7. ふるさと納税を行う際、一つのポイントとなるのが「いくら寄付するとどれくらいのお礼をもらえるか。」、「…
  8. 「ふるさと納税になんとなくメリットがあることはわかるけれど、手続きがめんどうで良くわからない」などの…
  9. コスパとは、コストパフォーマンスの略で払った代金に対してどのくらい価値があるか、どのくらい効果などを…
  10. ふるさと納税は任意で自治体に寄付をする制度になります。また自治体に寄付をすることでポイントをうけるこ…
ページ上部へ戻る