ふるさと納税サイトの中で参加自治体数続々増加中で豊富な案件量の「ふるなび」のご紹介です。


「ふるなび」とその魅力

ふるさと納税は、故郷やお世話になった地域へ寄附し、税金控除を受けられ、返礼品をもらうことができる仕組みです。返礼品の種類は食べ物や生活用品のような物だけでなくその地域体験や旅行・宿泊などもあります。

寄附は「ふるさと納税サイト」で申し込みをします。いくつかあるふるさと納税サイトの中に「ふるなび」があります。ふるなびは扱っている自治体の数も多く返礼品の数も豊富で、地名や返礼品の種類から検索できます。

また、ふるなびのオリジナルサービスである「ふるなびグルメポイント」「ふるなびトラベル」「ふるなびクラウドファンディング」ではプレゼントがあります。ただ寄付するだけでなくプラス要素があるので利用価値は大きいです。また「ふるなびプレミアム」のような代行サービスもあります。
ふるなびサービス
では、上述した各サービスの内容を確認しましょう。

ふるなびグルメポイント・トラベル・クラウドファンディング

この3サービスで共通することは、「寄附金額に対して1%分のAmazonギフト券 コードをプレゼント!」してくれることです。

Amazonギフト券 コードとは?
大手通販サイトAmazon(アマゾン)で購入の際に使用できるギフト券の番号です。

また、この3サービスを利用するには条件があります。

  1. ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

ただし「ふるなびプレミアム」経由で行われた寄附の場合・郵便振替や銀行振込などで決済した場合・「災害支援」への寄附の場合は対象外になります。ご了承ください。

では、各々のサービス内容を確認しましょう。

ふるなびグルメポイント

自治体の名産品をお店でいただけます。お店に電話で予約し、ネットから対象の店舗に予約内容と利用ポイントを入力して利用申請します。即日発行されて有効期限がないメリットが嬉しいですね。


ふるなびトラベル

「ふるなび」と大手旅行会社「日本旅行」が提案する新しいふるさと納税のサービスで、寄附によって付与されるトラベルポイントを使って各自治体へ旅行できます。ご希望の自治体や行き先から検索できます。


ふるなびクラウドファンディング

自治体まや自治体が認めた団体・個人がプロジェクトオーナーとなって資金を募るクラウドファンディング型のふるさと納税です。特に応援したい自治体・寄附金の使い道にこだわりたい、想いをダイレクトに届けたい方におすすめなサービスです。

ふるなびプレミアム

年収が2000万円以上の方に限定条件されたサービスで、ふるなびの運営会社である株式会社アイモバイルがふるさと納税を代行してくれます。お得な寄附プランなどをコンシェルジュが無料で提案してくれるところが心強いです。

ふるさと納税の際は「ふるなび」や上記ご紹介したオリジナルサービスがおすすめです。ぜひご活用ください。




体験談(個人事業主のふるさと納税申し込み)

やはり納税をもっと有意義にしたい、なるべくプラスに変えたいという思いもあり、私自身が実際に「ふるなび」を利用してふるさと寄附を申し込みました。

まず、ふるさと納税を申し込むにあたって先に調べることがあります。それは上限寄附額です。
ふるさと納税を始めるに当たって、まず気になるのが「いくら寄附して良いか?」という疑問です。返礼品欲しさに多く払って姉妹、自身が持つ控除額をオーバーしてお得感が減ってしまいます。そこで「控除上限額の目安」からご自身の上限寄附額の目安を知っておきましょう。(「ふるさと納税とは?」のふるさと納税額/年間上限の目安もご参照ください)

私は何回かに分けて寄附しようと思い、今回は10,000円で申し込みました。
その一連の流れをご紹介します。(私は個人事業主なのでワンストップ特例制度を利用しませんので申請書は不要です。)

ふるなびのホームページへアクセスします。
特に欲しいものがなく、私のふるさとである静岡県御殿場市に貢献したかったので上部メニューから「地域でさがす」を選択しました。(地域以外にランキングやカテゴリーなどから探せます。「詳しくさがす」というメニューには特徴や寄附金額など目的別から検索できるようになっていて探しやすいです。)




そのまま故郷の中部地方→静岡県御殿場市を選択しました。




寄附でもらえる返礼品がずらりと並んでいます。地元なので知ってる返礼品もありますが、知らない返礼品もあり地元の品をより知ることができました。今回は私にとって懐かしの御殿場ハムセットを返礼品に選びました。「寄附を申し込む」ボタンをクリック。




そうすると下部画像のような画面が出ました。「ログイン」と「新規無料会員登録」の選択ですが、私は初めてなので、「新規無料会員登録」をクリックし入力画面へ。(会員登録した方が今後使いやすくて良さげだなと思いまして。。)




会員情報入力欄で氏名・メールアドレスなどを入力していきます。マンション名の部分は任意と書いてありますが、返礼品が送られてくるのに部屋番号がないと届かないかも、と思い入力しました。入力しない場合は、番地入力欄で「番地-部屋番号」のように入力しておいた方が良いと思いました。
入力したら利用規約を確認・ボックスにチェックを入れ「確認画面へ進む」をクリック。




入力内容を再度確認し、OKなので「送信する」ボタンをクリック。




これで会員登録できました。




登録したメールアドレス・パスワードを入力しログイン。




「ワンストップ特例制度を利用する」かのチェックですが私は個人事業主で確定申告をしているのでチェックしません。「返礼品の配送先が申請者と異なる場合はチェックを入れベット配送先を入力してください。」は私の住所でOKなのでチェックを入れませんでした。そのた「寄付情報」「決済方法」「返礼品」の選択を確認・選択。私は銀行払いにしました。

「決済方法」でクレジットカード(Yahoo!公金支払い)を選択した場合、利用できるシステム上、対応できない自治体もあるようで私の場合は現在ダメでした。ですので銀行振込にしました。




「氏名の公開/非公開について」や「応援メッセージ」、「備考」は任意だったので入力しにしました。そして「申請確認画面へ」をクリック。




入力した内容を確認してください。OKでしたら承認します。




寄附申し込み完了の画面。これで寄附が完了しました。




「ふるなび」のマイページから(今まで)寄附した内容が寄附受付履歴から確認できます。マイページでは「登録情報の変更」や「パスワードの変更」「配送先の変更」もできますので変更があったら随時変更していきましょう。また「レビューを投稿する」からは「特典評価」「コメント」「写真の投稿(返礼品の写真)」を投稿できるようになっています。


(申し込みをして4日後)

登録したメールに発送完了の連絡がきました。受領証・ワンストップ特例申請書の書類発行については寄附月の翌月に送る旨が記載されていました。(※自治体によっては返礼品と一緒に送付されるケースも稀にあるようです)


(次の日)

予想通り届きました。注文していたハムセットが届きました。20年ぶりくらいに食べる故郷の味で美味しかったです!あとは受領証明書が送られてくるのを待ちます。


(6月上旬)

御殿場市役所からDMが送られてきました。

はがき

中身を開けると「寄付金受領証明書」が入ってました。確定申告の際に提出するので普段領収書などを入れてあるクリアブックに一緒にファイリングしました。

受領証明書

一般のサラリーマンなどのように確定申告する必要がなくワンストップ特例制度を利用する場合は、「寄附金税額控除に係る申請特例申請書」が同封されているのでマイナンバーのカードコピーなどの必要書類を同封してその自治体に送るようにしてください。(※1年間で5自治体までで、提出期限は1月10日までになります。)