ふるさと納税のポイント制度

ふるさと納税は任意で自治体に寄付をする制度になります。また自治体に寄付をすることでポイントをうけることができ、お好きな謝礼品を選ぶことができます。

ふるさと納税でのポイント制度とは?

99237516767e

ふるさと納税は寄付をすることで、寄付をした日から大体1ヶ月以内(自治体によって異なりますが)に、謝礼品が送られてきます。謝礼品を送られてくるのはうれしいことなのですが、気になる点として謝礼品の多くが、その土地を代表する米、肉、魚介品などの保存期間が気になる食材であること、寄付をした時期によって欲しい謝礼品がない(品切れなどの理由で)があげられます。
実際に謝礼品が食材となると、何月頃が美味しいなど時期があるのでしょうがないことではありますが、この課題を解決する方法としてポイント制度というのがございます。

ふるさと納税のポイント制度を採用している自治体に限りますが、寄付をすることで謝礼品の代わりにポイントが付与され、そのポイントを使わずに貯めておき、期間限定の特産品や高額な謝礼品と交換するということが可能になるという制度です。

ですので、例えば12月に寄付しても、翌年の6月にポイントを利用して謝礼品を選ぶということができるので、とてもお得な制度なのです。

ポイント制度を採用している自治体を探してみよう

ふるさと納税のポイント制度を利用している各自治体ホームページで確認する方法やポイント制度を採用している自治体をまとめている「ふるぽ」(特におすすめ)で確認するのが一番探しやすいのではないでしょうか。

ポイント制度の特長と注意点

Processed with VSCO with c1 preset

ふるさと納税は1年間で何度もおこなうことができます。ふるさと納税をする度にポイントが付与され、付与されたポイントの使い道は貯めるのもよいですし、すぐに謝礼品に好感することができるという点が大きな特長です。付与されたポイントの範囲内であれば、何回でも利用できるという点も大きいですね。(インターネットの利用のみ)
また、ポイントが余っている場合でも、次回の積み立て分として活用することも可能ですので、お好きな使い方ができます。
ただ注意点としては、ポイントには発行された日から1年または2年の有効期限があるので注意してください。(自治体によって有効期限が異なります)
ふるさと納税を有効にかつお得に活用いただくために、このポイント制度はおすすめです。