ふるさと納税が誕生した経緯

ふるさと納税は2008年に第1次安倍政権のときに成立した制度です。
今年で8年目となる制度ですが、どのような経緯でふるさと納税が誕生したのでしょうか。

ふるさと納税誕生の経緯

landscape-1512284_640

まずふるさと納税が成立する前の話になりますが、日本国内では都市部と地方での格差というのが大きな問題であるとされていました。(今でも課題は残りますが)新聞やテレビでも格差だけではなく税収や過疎の問題に悩む地方自治体がどのように活性化させていくのか大きく議論されていました。

2006年には、この都市部と地方との格差を埋めるための構想として、現福井県と知事である西川一誠氏(「ふるさと納税」の発案者とも言われています)が「故郷寄付金控除」を提言、また都市部で活躍している有名人・スポーツ選手の中には自分が生まれ育った町、好きな町に何かしら貢献はしたいということから、生活の拠点や住民票を移さずに故郷に住民税を納め続けているケースなどふるさと納税の発足前からありました。

2007年には、現宮城県知事の村井嘉浩氏、現山形県知事の斎藤弘氏、現鳥取県知事の平井伸治氏、現徳島県知事の飯泉嘉門氏、佐賀県知事の古川康氏5人が共同で「ふるさと納税制度スキーム」を発表しました。これがふるさと納税の原型とも言われております。
そして2008年に地方への貢献策、ふるさと納税が誕生します。都市部へ出ていった人でも、どのような仕組みであれば、生まれ育った場所に貢献ができるかと考えられた制度、それがふるさと納税です。

ふるさと納税の現在

 

2008年に誕生したふるさと納税ですが、その年の寄付金額は約72億円に対し、2013年の寄付金額は約140億円と2倍近く増えており、多くの人々に活用されていることが分かります。認知度があがってきたというのも大きいかもしれません。

ふるさと納税がもつ意義

village-1209270_640

地方のために役立つ制度として、生まれ育ったふるさとであったり、好きな町、関心がある町など理由は様々ですが、自らが支援したい地域選択し、寄付をする。これにより人を育て、環境を保護し、住みやすい地域に大きく貢献することがこのふるさと納税のもつ意義なのではないでしょうか。
またふるさと納税によって、各地方自治体が寄付を受けるためには、どのようなアピールが必要なのか考えるきっかけにもなり、さらに競争意識が増すことも大きいのではないのでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る