ふるさと納税で災害支援

ふるさと納税で災害支援ができることをみなさんはご存知だったでしょうか。
ふるさと納税は、現在住んでいる、以前住んでいた、生まれ故郷など関係なく、好きな都道府県・市区町村を選んで寄付をすることで、お礼品がもらえたり、支払うはずの税金が一部免除されたりします。その為、ご自身で応援したいと思う市町村やプロジェクトに寄付することで「ふるさと納税」の恩恵をうけることができます。
現在では「ふるさと納税」の種類は数多く存在しており、「ふるさと納税」を紹介するサイトでは、「ふるさと納税」はいくつかの項目に分かれており、目的別で選べるように分かれています。その項目の中に「災害支援」という「ふるさと納税」があります。ここでは、「ふるさと納税」の「災害支援」についてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税を通して災害支援をつのる

57d47543335

「災害支援」の「ふるさと納税」は、主に地震被災した地域や台風被災した地域の自治体が寄付の受け口となって、情報を提示しているところがあります。被災して住宅が倒壊してしまったり、交通機関がストップしてしまったり、被災した地域の特産品が作れなくなってしまったり、市町村全体が壊滅してしまったところを、被災前の状態に戻せるように「災害支援」という形で各自治体が「ふるさと納税」を通して寄付を募集しているのです。

災害支援によって何ができる

pak66_koibitototewotunagu20140301_tp_v

「災害支援」で被災した地域に寄付ができる「ふるさと納税」ですが、「災害支援」で主にどのようなことが改善していくのかを簡単に紹介します。
地震や台風などの被災によって市町村全体が崩壊してしまって、住居を失ってしまった人や農家を行っていて作物や畑が全壊してしまったり、地域の特産品を作っていた工場が被害にあってしまったり、地域の観光名所出会った場所が観光客を呼べる状況ではなくなってしまったり、商いに支障がでてしまう人がでてきてしまいます。また人々の交通手段の電車が使えなくなったり、橋や道路が全壊してしまい場所の移動が難しくなってしまったり、平たくいうと災害によって人々のライフライン確保が難しくなってしまいます。そういう状況から少しでも災害前の生活に地域の人々が戻れるように「ふるさと納税」の「災害支援」であつめた寄付金は使用されます。それぞれの自治体が公表している「災害支援」の寄付についての詳細内容が記載されています。「ふるさと納税」を利用して各自治体に寄付を行おうと思っている方は、その情報をご覧になるとより、明確に内容を把握することができるかと思います。

「災害支援」にはお礼品などは基本的にありませんが、「ふるさと納税」に興味を持って利用しようかなと考えている方は、寄付をおこなうことができる「災害支援」の項目なども目を通してみるのもいいかもしれません。