ふるさと納税を5,000円から

ふるさと納税を皆さん利用したことはありますか。ここ最近で認知度も上がり、各自治体も積極的にPR活動を行うことで、全国的に認知してきている制度です。簡単にこのふるさと納税をご説明しますと、現在住んでいる場所から、あくまで任意ですがお好きな(昔、住んでいた地域、好きだった地域など)地方自治体に寄付ができるという制度です。
ふるさと納税のメリットは大きく分けて3つあり、1つは寄付をすることで、寄付をした地方自治体によっては特産品や特典を受け取れることができます。2つ目は、ふるさと納税で寄付をするそのお金の使い道を選択することができます。最後に2,000円を超える寄付金を行った場合、住民税のおよそ2割程度が還付、控除されます。
好きな地域のまちづくりに、ふるさと納税の寄付で貢献できるだけではなく、その謝礼としてお得な特産品ももらえる画期的な制度といえます。

ふるさと納税の寄付金の上限は?

ふるさと納税の寄付において、上限というのはありません。一人ひとりの善意で成り立つ制度ですので、寄付をする金額は自由です。(下限は2,000円)
また、前項で触れましたが、寄付によりその地域で有名な特産品もしくは特典が受け取れます。こちらは寄付金額に応じて受け取れるものが変わってきますので、もしふるさと納税で寄付をする際は必ず、寄付をおこなう自治体のホームページをチェックしてみましょう。
(自治体によっては謝礼がないということもあります)

5,000円の寄付でお得な特産品がもらえる

またふるさと納税で自治体に5,000円寄付をするとしたらどこがおすすめなのか、多くの自治体の中からいくつかピックアップしてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

・北海道栗山町では、「日原メロン」1玉がお礼品として受け取ることができます。最適な風土と気象条件により生産された最高品質の甘くてジューシーな一品です。非常に人気があります。

・愛媛県伊方町では、冷凍の「じゃこカツ」を20枚がお礼品として受け取ることができます。魚のすり身に野菜を混ぜ合わせ、味付けした後にパン粉をつけて揚げて食べます。じゃこカツは愛媛でも定番のメニューとして知られており、こちらも人気です。また、伊方みかんもお礼品の中には含まれており、寒い季節にこたつでおいしいみかんを食べたいという方にはおすすめです。

他にも5,000の寄付から受け取ることができる、謝礼品は多くあります。
ふるさと納税でどの地方に寄付するのかを、お礼品で決めるという方もいるようですので、
まずはどんなものがあるのか確認してみると良いでしょう。