ふるさと納税をお歳暮に

今までお世話になった人に対して感謝の気持ちとして贈るお歳暮ですが、ふるさと納税を利用してお歳暮を贈る方も多いようです。例えば仕事でお世話になった方、やり取りをした方にも贈る場合が、これは経費として社内で処理がし辛く、結局は実費で支払っているという方もいるかと思います。そんな時に実質2,000円でお歳暮をふるさと納税で贈ることができるのであれば、使ってみない手はないですよね。税金をしっかり納めている会社員の方であれば有効な手段ともいえるでしょう。

ふるさと納税を使ってお歳暮を贈る

全ての自治体がお歳暮に対応しているわけではないのですが、対応している自治体は多いです。少しではありますが、全国各自治体の中からお歳暮によさそうなものをピックしてみましたのでご紹介させていただきます。(1万円以上の寄付による商品)

・手作りベーコン約200gとロースハム約500gのセット(茨城県境町)
→それぞれ劇選された豚肉を、海塩を原料とした漬込みダレにて約2週間低温熟成させることで旨味を引き出した逸品になります。お歳暮にはハムと良くテレビのCMでもあったように人気があるようです。

・深谷新戒ねぎ3kg(埼玉県深谷市)
→深谷ねぎというのは有名ですが、その原点である香り・甘み・ほどよい食感をが特長の深谷新戒ねぎですがこの時期、おすすめの鍋に入れて食べると身体も温まるのでおすすめです。

・バウムクーヘン(19.5Φ×5.5cm)1個、リーフパイ5枚入りセット(岐阜県美濃加茂市)
→芳醇なバターの香り且つ食感がフワッとしたバウムクーヘンと、葉っぱ型のバターたっぷりで上品な味わいのリーフパイで、午後のティータイムのお供に最適な一品です。

ほんの一部のご紹介ですが、個人的にふるさと納税でこれだけのお歳暮を贈ることができるのは嬉しいですよね。また贈るものによりますが、お歳暮用にのしを付けてくれる自治体もありますので、先に確認しておくとよいでしょう。

ふるさと納税でお歳暮を贈る際の注意点

ふるさと納税でお歳暮を贈る場合、まずは確認すべき点はその贈る商品の発送時期や消費期限は事前にチェックしておきましょう。人気のある商品ですと、発送時期が来年となる場合もあったりします。消費期限が短い生鮮商品を送る際は特に確認が必要ですので要注意です。
またお歳暮で何を贈ればよいのか分からない、決めきれない場合は、保存が利くお酒やお菓子などを選ぶのが良いと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る