ふるさと納税の仕組み

地方自治体へ寄付することで、その寄付額に応じた謝礼品がもらえるふるさと納税ですが、皆さんは利用したことはありますでしょうか。年々知名度も上がり、寄付総額も増えているようです。ふるさと納税の意義でもある地方活性化に大きく貢献している素晴らしい制度とも言えますね。今回ですがご存知の方は復習として、はじめてという方は是非参考にしていただけるように、このふるさと納税の仕組みを簡単にご紹介させていただきます。

ふるさと納税で税金が減額!?

img_1959

ふるさと納税はここを支援したいという自治体をまずは選択し、そこに寄付をします。
寄付をした後、寄付金に応じてその自治体から謝礼品が届きます。(謝礼品は各自治体によって違いますので、ホームページ等で確認するのが良いでしょう)
寄付をする方法ですが、銀行振込や窓口支払い、クレジットカードでの支払いなど自治体によって違いますのでここも確認をしましょう。寄付をした翌年に、住んでいる管轄にて確定申告を行うことでその年の所得税・住民税が控除される、こういう制度になります。
※ふるさと納税で確定申告不要の場合もあります。

ふるさと納税はお得なのか!?

これからやってみようとお考えの方は特に得なのかが気になるところだと思います。
先に結論からいうと、お得です。というのは、2015年4月より住民税のおよそ1割程度だった控除額が2割程度に拡大する、というように制度が改正されました。
控除額が増えることにより、さらにもたくさんの方にふるさと納税をしてもあえるようになるきっかけともいえます。

ふるさと納税の寄付金額について

img_9087

ふるさと納税は寄付することで、その御礼を各地の名産物などで受け取ることができる制度であり、自治体に寄付できる金額に限度はありません。
2,000円を最低金額として、1万円でも10万円、100万円でも受け付けてくれます。
2000円以上の寄付金に対して税金が少なくなるので、例えば1万円寄付をした場合、2000円を引いた8000円分の税金が少なくなる仕組みになります。

まとめ

今回は初めての方でも分かるようにふるさと納税の仕組みについて簡単にご紹介させていただきました。1つ忘れてはいけないのは、仕組みを知ることはもちろんではありますが、このふるさと納税の本来の目的は、自分が生まれ育った場所、好きな場所、お応援したい場所に寄付をすることにありますので、ここだけは忘れないようにしましょう。