アーカイブ

ふるさと納税で受け取れるお礼品とは

ふるさと納税は好きな地域(都道府県・市区町村)への自治体へ寄付をすることで、税金が控除されたり、寄付金の使い道を指定し、その地域を支援できたり、寄付をした地域からお礼の品として美味しいお肉や海鮮類、果物などがもらえることができます。

ふるさと納税をする地域の選択

img_6239

ふるさと納税をおこなう地域の選択は多種多様です。どこに寄付するかの決め手となる理由は以下があげられます。

・気持ち的な理由
自分が生まれ育った場所、好きな場所といった理由

・災害支援
最近ですと熊本地震があげられますが、被災した自治体を支援するため

・お礼品で選択
各地方自体によってお礼品は違ってきます。現在ではお礼品の人気ランキングなるサイトもあり、そこから寄付をする自治体を選択するといった方も多いです。

・寄付の使い道によって選択
自分が寄付したお金使い道を、地方自治体を通して指定することがふるさと納税では可能です。寄付するお金の使い道を指定できるのは、その地方自治体のまちづくりに間接的に協力できるというのが分かるのが良いみたいですね。

以上のように寄付する選択方法があり、寄付を受ける自治体側も魅力的なまちであることをアピールするために、PR活動もふるさと納税制度ができてから盛んになりました。

寄付してもらえるお礼品とは?

startup-593327_640

今ではふるさと納税でのお礼品のおすすめランキングサイトもあり、そこを参考にされる方が多いです。お礼品の中には有名な特産品も数多く含まれており、かなり人気があるみたいです。例えば、岐阜県加茂郡川辺町の自治体では20,000円以上の寄付で、飛騨牛のサーロインがもらえたり、高知県須崎市の自治体では南国高知の新鮮な野菜セットをもらえたりと、その土地の有名な特産品を受け取ることができるのです。
有名どころは、人気がゆえに売り切れてしまうこともあるので注意が必要です。(寄付をする前にその自治体サイトもしくはランキングサイトを確認するようにしましょう。)

またお礼品は特産品だけではなく、各種イベントや旅館、ホテルへの宿泊チケットなどもありますので、色々見てみるのも楽しいですよ。

ふるさと納税のその他の特長

その他の特長としても、ポイント制度を導入している自治体や、クレジット決済など支払い方法をいくつか用意している自治体もありますので、こちらを参考にするのも良いかもしれません。

ふるさと納税のポイント制度

ふるさと納税は任意で自治体に寄付をする制度になります。また自治体に寄付をすることでポイントをうけることができ、お好きな謝礼品を選ぶことができます。

ふるさと納税でのポイント制度とは?

99237516767e

ふるさと納税は寄付をすることで、寄付をした日から大体1ヶ月以内(自治体によって異なりますが)に、謝礼品が送られてきます。謝礼品を送られてくるのはうれしいことなのですが、気になる点として謝礼品の多くが、その土地を代表する米、肉、魚介品などの保存期間が気になる食材であること、寄付をした時期によって欲しい謝礼品がない(品切れなどの理由で)があげられます。
実際に謝礼品が食材となると、何月頃が美味しいなど時期があるのでしょうがないことではありますが、この課題を解決する方法としてポイント制度というのがございます。

ふるさと納税のポイント制度を採用している自治体に限りますが、寄付をすることで謝礼品の代わりにポイントが付与され、そのポイントを使わずに貯めておき、期間限定の特産品や高額な謝礼品と交換するということが可能になるという制度です。

ですので、例えば12月に寄付しても、翌年の6月にポイントを利用して謝礼品を選ぶということができるので、とてもお得な制度なのです。

ポイント制度を採用している自治体を探してみよう

ふるさと納税のポイント制度を利用している各自治体ホームページで確認する方法やポイント制度を採用している自治体をまとめている「ふるぽ」(特におすすめ)で確認するのが一番探しやすいのではないでしょうか。

ポイント制度の特長と注意点

Processed with VSCO with c1 preset

ふるさと納税は1年間で何度もおこなうことができます。ふるさと納税をする度にポイントが付与され、付与されたポイントの使い道は貯めるのもよいですし、すぐに謝礼品に好感することができるという点が大きな特長です。付与されたポイントの範囲内であれば、何回でも利用できるという点も大きいですね。(インターネットの利用のみ)
また、ポイントが余っている場合でも、次回の積み立て分として活用することも可能ですので、お好きな使い方ができます。
ただ注意点としては、ポイントには発行された日から1年または2年の有効期限があるので注意してください。(自治体によって有効期限が異なります)
ふるさと納税を有効にかつお得に活用いただくために、このポイント制度はおすすめです。

ふるさと納税で節約

ふるさと納税は全国各地の市町村を選んで納税するという制度です。その納税をした市町村から様々な特産品をもらえることを皆さんはご存知でしょうか。

ふるさと納税で特産物がもらえる!?

cherry-167341_640

ふるさと納税では自らの意思で、自分の生まれ育った場所、思い入れのある場所などの各地方に対し寄付をするこができます。その恩返しではありませんが、ふるさと納税をした箇所から様々な特産品がもらえることができます。もらえる特産品というのは各都道府県によって違います。以下にて一例ですがご紹介させていただきます。

・宮崎県都城市(1万円以上の寄付で)
→宮崎牛(都城産A4ランク)サーロインステーキ(180g~200g)×2枚
→宮崎牛(都城産A4ランク)ロース焼肉用 500g
→宮崎牛(都城産A4ランク)カルビ 400g、中落ちカルビ(タレ漬け) 500g

・山形県天童市(1万円以上の寄付で)
→ハウスさくらんぼ(佐藤錦)秀:500g(バラ詰め)
→もも(玉うさぎ):3kg(秀8~12玉)
→ぶどう(種なしピオーネ):2kg(秀2~4房)

・北海道上士幌町(1万円以上の寄付で)
→アイス工房ドリームのジェラートセット
→アイス工房ドリームの焼菓子セット

上記はどれも人気が高い特産品になります。各都道府県によって、その土地土地の有名な特産品をもらうことができますので、こちらを参考にふるさと納税をする方も多いようです。

ふるさと納税でなぜ節約なのか

piggy-bank-1595992_640-1

ふるさと納税で節約というのは金額にあります。それは※実質2,000円(条件あり)で済むからです。希望する各都道県もしくは地町村を選んでふるさと納税をすることで、自治体から現在住んでいる居住地の自治体に寄付情報が伝えられ、居住地の税金が減免されます。自治体間で税金の手続きをやってくれるのでその自治体から領収書が送付されます。(2015年4月にふるさと納税が改正し、面倒な手続きが不要に)

またふるさと納税では、特にお子様のいる家庭ではお得になるメリットがいっぱいあります。お子様に喜んでもらうために、全国各地の特産品を自治体にもよりますが、2000円の寄付から選ぶことができるので普段、手を出せないもの、遠方で食べにいけない、といったことも解決できます。来客時であったり、誕生日でもおもてなしをする際にも打ってつけではないでしょうか。近くのスーパーだとどうしても高くついてしまうものでも、ふるさと納税を活用することで存分に華やかなおもてなしが可能になります。家族で特産品をどれにしようかという作業もこれで楽しくなりますね。

ふるさと納税とガバメントクラウドファンディング

ふるさと納税の制度を利用した「ガバメントクラウドファンディング」をみなさんはご存知ですか。最近ふるさと納税の情報が載っているサイトなどを見ると「ガバメントクラウドファンディング」の文字をよく目にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「ガバメントクラウドファンディング」とは簡単に言うと政府(自治体)単位で行われるクラウドファンディング※です。

※クラウドファンディングとは不特定多数の人がネットを経由して組織から個人単位まで資金を募る人たちに財源提供するシステムのことで、クリエイターや起業家の人が事業やプロジェクトを行うときに資金集めとして利用することも多いようです。

ガバメントクラウドファンディングとは

office-1081807_640

ガバメントクラウドファンディングは、先ほども説明したように政府や自治体が事業を進める上で資金を募る制度です。またガバメントクラウドファンディングは、すべての寄付がふるさと納税の対象とされています。またガバメントクラウドファンディングは、通常のクラウドファンディングと同じように事業内容の目標金額を設定していたり、いくらか以上寄付すると特典を用意していたりします。通常のクラウドファンディングは、寄付金が目標額に達成しなかったらプロジェクトが実行されず、寄付者に返金されてしまうことなどもあるようです。しかし、ガバメントクラウドファンディングは政府や自治体がプロジェクトオーナーとなって、事業を進めて行っているので、ガバメントクラウドファンディングはで寄付金が目標額に達成しなかった場合でも、自治体が足りない部分を補ったり、集まった寄付金の中で事業を進めたり、するようなので、寄付金が返金されてしまうことはないようです。その為、安心して寄付をしてふるさと納税の恩恵を受けることができます。

ふるさと納税とは一味違うガバメントクラウドファンディング

rocket-461750_640

ふるさと納税を修めるとそのメリットとして地域の特産品がもらえたりします。そんなふるさと納税と違ってガバメントクラウドファンディングは、寄付をしてくれたお礼として様々な変わったものなどをもらうことができます。和歌山県橋本市のプロジェクト「一尺玉の大輪を打ち上げたい」では、打ち上げ花火にちなんで実際の花火師が作り火薬の代わりに砂がはいいた「花火玉レプリカ」がお礼の品としてもらえたようです。東京都墨田区のプジェクト「すみだ北斎美術館設立を支援」では、5万円以上の寄付で江戸切子もしくは東京スカイツリーのテープカットに使われたはさみが貰えたようです。また3万以上の寄付で北斎モチーフのステーショナリーがもらえ、1万円以上で「吉田テクノワークス」の名刺入れがもらえたようです。このように通常のふるさと納税のお礼としてもらえる品物と比べるとガバメントクラウドファンディングは、プロジェクトにちなんだお礼が多いのでふるさと納税とは一味違った面白いお礼を受け取ることができます。